食育

キッズエクスプレス21が考える「食育」とは?

 近年、子どもの就寝時間の遅さや朝食の欠食、生活習慣の乱れ、家庭や地域の子育て力の低下など、子どもを取り巻く環境はどんどん厳しくなっていると言われています。
 キッズエクスプレス21では、子どもの生活リズムにとって欠くことのできない「食事」、「運動」、「睡眠」が大切だと考えています。その中でも特にみんなで楽しく「食事する」(食べる)ことに注目し、子どもたちの豊かで健やかな食経験を育むためのさまざまな活動『食育』を推進しています。

(1)食育コンテスト

平成18年度から始まった「食育コンテスト いただきますごちそうさま」は、幼稚園・保育所等で行っている『食育』を応援する活動です。その食育活動をレポート形式にまとめて応募いただき、またその成果を活動事例集にまとめて継続的な普及・PR活動を行っています。特色のある素晴らしい食育の実践活動を広く全国に伝えていくことを目的としています。
 第6回からは「厚生労働大臣賞」、第7回からは「文部科学大臣賞」の授与をいただいております。

»詳しくはこちら

(2)食育シンポジウム

 毎年開催する「食育シンポジウム」では、食育コンテスト授賞式をはじめ、受賞園による事例発表や審査員の講評、特別講師による基調講演などもりだくさんの内容で、明日の保育にすぐ生かせる食育のヒントをお持ち帰りいただいています。

»詳しくはこちら

(3)食育情報誌『いただきます ごちそうさま』

 春・夏・秋・冬の年4回、食育情報誌『いただきます ごちそうさま』を発行しています。全国の園での食育の取り組み紹介や、毎日の保育に生かせる情報、食育にちなんだ製作グッズなどをたっぷり掲載しています。
 年間購読を申し込まれた方へのお得な特典もあります。

»詳しくはこちら

(4)早ね・早おき・朝ごはん

 平成19年度「子どもの生活リズム向上全国フォーラムin東京」(文部科学省委託事業)を民間事業者として初めて共催。キッズエクスプレス21が思考する生活リズムの3要素“食事”と“運動”と“睡眠”の関係性を、~子どもの生活リズムを「食育トライアングル」で奏でよう!~というスローガンとして掲げて、普及・啓蒙活動を行っています。

(5)食育推進全国大会

 内閣府主催の「食育推進全国大会」に、第2回から継続して出展しています。食育関連の教材・書籍ほか、食育コンテスト受賞園の発表パネルなどを展示し、幼稚園・保育所等における食育活動の普及に努めています。

»詳しくはこちら